Pocket


FPが独立開業するためにまず考えることの一つに集客があげられるのではないでしょうか?
そもそFPという存在がまだ世の中に浸透していないので、待っていればお客様がやってくるなんてことはありません。
集客といっても手法は様々で、HPから集客、自主開催セミナー、チラシ、FP協会のCFP®認定者検索システム、口コミなどです。
この中で必須となっているものに自社HP(webサイト)があげられます。
どうして必須だというのか・・・?考えてみましょう。

FPが集客するためにHPが必須な理由

インターネットで世界中がつながり、スマホで検索さえすれば探している答えはスグに見つかります。
あなたも、分からない事があればgoogle検索をしていませんか?
というか、あなたもFPで独立して、またこれからしたくて集客方法を考えているうちに、このページをご覧になってるのだと思います(笑)

このように、だれもがインターネットで検索する時代ですから、FPに相談したい事があるお客様も検索することから始める事はお分かりだと思います。
そこであなたのHPが無ければネット検索でする顧客にとってあなたは存在しない事になります。
FPという言葉は認知されているもの『お金の事をFPに相談する文化はまだまだ成熟していない』ため、
正しいHP運用を行って集客する仕組みのひとつとしてHPの運営は必須と言えるでしょう。

既に活躍しているFPに見るHPの必要性

以下に示す図表は、日本FP協会著 平成23年ファイナンシャル・プランナー業務調査 結果報告書より抜粋したものです。

集客の経路としてHPは知人や顧客からの紹介に次いで3番目となっています。
もちろん紹介から得た顧客もHPでそのFPがどんな人物かを調べているケースも多々あるでしょう。
そういったことから、HPが無視できない媒体となっている事はお分かりいただけるかと思います。

また、次の図表もご覧ください。

FPが集客するために紹介を最も重視しているが、若い世代ではHPやSNSを利用すること、も考えている言えるでしょう。

引き続き図表で恐縮ですが、総務省の情報通信端末の世帯保有率の推移より引用します。

日本FP協会が調査したH23年(2011年)のスマホ普及率は29.3%だったのに対しH27年(2015年)では72%と大幅増加しています。
このデータからすると顧客開拓経路もHPからというケースが非常に多くなっていることが推察できます。

つまり、あなたが今から独立をしたときHPがないと箸にも棒にもかからない可能性があるという事です。

検索上位に表示されるために

HPを作るにあたり、検索してもらい表示してされなければ意味がありません。
表示されるには、検索したキーワードで1ページの一番上に表示されることが大切なのは理解できますよね?
検索で出た結果最初のページの上のサイトからクリックしていきますよね。

例えばあなたが、ファイナンシャルプランナー・資格で検索したとき、FP資格に関する有用なサイトが表示されないと意味がないわけです。
googleも、そのキーワード検索意図に合ったサイトが上位表示される仕組みを構築しているという事です。

FPという言葉が認知されているという幻想

あなたは、FP1~3級またはAFP、CFPを取得したのだからFPで独立開業を検討してるのですよね?
従ってあなたはFP資格を持っていて、FPの勉強をしてきた経緯があるわけです。
ですのでFP=ファイナンシャルプランナーという図式が頭に組み入れられていると思います。

逆に今まで一切FPの勉強をしたことが無い方からするとFPと言われても、FPにも色んな意味があってファイナンシャルプランナーと認識してもらえません。
http://ejje.weblio.jp/content/FP
そもそもファイナンシャルプランナー=保険の人って認識が多いのが実情です。
ですのでHPを作った時、FPというキーワードでサイトを組み立てても上位検索されません。

どうやって上位検索させるか

今回は集客のためにHPが重要だという話なので、上位検索に関しては簡単にしか書きませんが、
検索者の検索意図を考えその答えを導くための記事を正しく作り続けることです。
これを繰り返すとGoogleに重要なHPだと認識され上位に表示されるようになっています。(コンテンツマーケティング)

モバイルファーストは既に始まっている

モバイルファーストって聞いたことはありませんか?
名前の通り、多くの人がスマホを持つようになったので、Googleがモバイル対応したHPを検索上位にしていく流れを言います。

あなたもスマホで検索してみたHPがPCサイト用でしか表示できず、
文字が小さかったり画面を動かすことが面倒でページを閉じたことがありませんか?
運営側から考えると、これって大きな機会損失ですよね?
これからHPを作るにあたり検索上位表示させるためには、モバイルファーストが無視できない事はお分かりいただけるでしょう。
勿論このwebサイトもモバイルファーストです。
このページをスマホでご覧いただいてる方はスマホ対応画面になっていることがお分かりいただけると思います。

コンテンツファーストってなんだろう?

モバイルファーストに続きコンテンツファーストと言う言葉もあります。
いくらデザイン性の高い見た目に優れたHPを作ってもgoogle検索で上位に表示されるわけではありません。
検索者の検索意図に基づいて正しく分かり易いコンテンツがあるサイトが上位表示されるようになっています。
見た目だけの内容の薄っぺらいHPは駆逐されてゆくという事です。
これをコンテンツファーストと言います。

モバイルファーストと同じで、検索者(google検索利用者)にとって一番利便性が良くためになるHPしか生き残らないという事です。
このように一企業であるgoogleは徹底した方針をとっています。

google検索上位になるFPのHPって?

まとめると、これからますますHPの重要性は上がっていきます。
だけど、ただ作ればよいのではなく、スマホ対応など利用者の利便性が良く充実した内容のサイトを作らなければ
検索上位に表示されず、利用者にとって存在しないに等しい事になってしまうという事です。

HP作成と言うと、多額の経費を使ってプログラマーやwebデザイナーに作成してもらうというイメージではないですか?
実際にプロに依頼した人に聞いたところ500,000円程度はかかるようですね。
ただ、これから独立開業を考える人にとって、簡単に出せる金額ではありません。(よね・・?)

ですので私はwordpreess(ワードプレス)をお勧めしています。
WordpressはCMSと言われ、プログラミングの知識が無くても比較的簡単にHPが作成できる仕組みになっています。
確かにプロのwebデザイナーが作成したHPと比較してしまうと見劣りするかもしれません。
しかし先ほども書いたようにいくらデザイン性が良くても内容の無いHPは見つけてもらえません。
(このHPもwordpressで作成しています、シンプルですが見にくくはないと思いま・・・汗)
wordpressはレスポンシブデザインと言って自動でPC画面やスマホ画面かを検出し、それぞれ見やすい画面に変換し表示してくれる仕組みになっています。(wordpressのテーマによりますが)

あとはコンテンツ次第で上位表示されるようになるという事です。
wordpressはもともとブログを作るためのシステムですので、コンテンツはブログを続けて行くことで充実していき、
上位検索も容易です。(コンテンツマーケティングと言います。今回は割愛します)

wordpressで上位検索されるHPを作り集客し、必要ならあとからwebデザイナーに依頼し高デザインのHPを作ることも可能です。
これから独立開業し集客されるFPには本当におすすめできるwordpressです。
是非検討してみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

Pocket