Pocket

日銀のマイナス金利導入後、各銀行の住宅ローン金利が過去最低レベルになり、
今こそ憧れのマイホームを購入する時期だと考えている方も多いと思います、また私もそう感じます。
でも金利が安いといった理由だけで購入に踏み切るのはとても危険です。
なぜ危険なのか、リスクを挙げていきます。

マイホームをに縛られるデメリット

例えば35年ローンを組むと、購入した時点のライフスタイルを変更しづらくなります。
サラリーマンなら、リストラや転勤または会社がなくなる可能性だってあります。
転職するにしても、現在と同レベルの収入は確保しなかればなりません。
起業を思い立ってもローンが足かせとなり思い切った行動がとれなくなります。
このことは雇用の流動性が進む世の中では大きなリスクと言えます。

家族の人数の変化に対応できない

将来、資産価値としての期待が出来ない

日本国内の人口が減少し空き家問題が表面化してきています。
人口減で空き家が増えるということは、単純に不動産の価値が下がり続けてるという事です。
この状態はさらに進行していくと思われます。

これらのリスクを再確認した上で、
できるだけ頭金を用意しローンは少額にする。

中古物件も視野に入れる、近頃ではリノベーションで中古物件を新築そっくりにすることも人気です。
夢の新築という言葉に惑わされず公開の無い判断をしたいものですね。
住めば都という言葉も心の片隅に残しておいてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket