もし新型コロナに罹ったら…?生命保険などの取り扱いをチェック。
Pocket

世界的に新型コロナウィルスの影響が拡大して、経済にも大打撃を与えています。
まず早く収束させるために、個々ができる小さな努力を積み重ねていかなければいけません。
テレワーク

時差出勤をする。不要不急の外出を控える、可能な人はテレワークに取り組む。
こまめな、うがい手洗いの慣行、マスクの着用。
少しでも体調が悪いと感じたら、仕事を休み医療機関を受診する。

できる事から取り組むことが大切ですよね。

さてさて、感染を避ける努力をしても、残念ながら新型コロナに罹患してしまう事もあります。
そんな場合、各生命保険などで保障されるのか?と疑問の声をよく聞きます。
今回は、新型コロナと保険について考えていきます。

新型コロナでも保険は受け取れる

新型コロナウィルス
結果から言うと、新型コロナに罹患しても(していなくても)各生命保険等で、保険金を受け取ることができます。
どういう事か保険種別ごとに見ていきます。

死亡保険

死亡保険
終身保険、定期保険、収入保障保険など死亡した場合に給付される死亡保険は、新型コロナに罹患し死亡した場合、疾病による死亡に含まれるため”死亡保険金”が支払われることになります。
もちろん、新型コロナウィルスによる死亡でなくても、死亡した場合に支払われるのが死亡保険です。(自殺などのぞく)

医療保険

医療保険
医療保険の場合、医師の判断で入院した場合にや手術を受けた場合に、入院給付金が入院給付金、または手術給付金が支払われます。

これは病名に関わらず支払われるものですから、新型コロナウイルス罹患の疑いで入院した場合でも給付されます。入院の結果新型コロナウィルスに罹患していなくても(陰性)入院の事実に対して支払われる事になります。

もっとも、新型コロナウィルスに罹患しても手術をするケースは少ないので、手術給付金が支払われるのはレアケースではないでしょうか。

就業不能保険

就業不能保険
就業不能保険も医療保険と同じで、就業不能状態が一定期間続けば支払い対象となるため、新型コロナウィルスの罹患に関わる保険金が支払われます。

ただし、各保険会社が定めた就業不能期間(例:60日180日など)以内に回復することが多いので、給付されるケースは少ないかもしれませんね。

がん保険

がん保険
がん保険は名前の通り、がんに罹患した場合に給付される保険です。
新型コロナウィルスに罹患して入院した場合、がん保険に入院特約が付いていた場合でも、支払い対象外となりますので注意が必要です。

傷害保険

傷害保険
傷害保険は損害保険の分野ですが、傷害状態になった場合に給付される保険です。
傷害状態とは、ケガをしたことを指し、新型コロナウィルスに罹患した場合は、疾病状態とされますので、給付されません。
ケガの保険なので病気の面倒は見ませんという事ですね。

まとめ

新型コロナウィルスに罹患した時、各生命保険等で支払いがあるのか見てきました。
がん保険を除き、どの保険でも新型コロナウィルス罹患に関わらず、支払い条件に適合すれば支払われる事が分かりました。
既に保険に加入されている方も未加入の方も、ご自身に必要な保障を考えてみる良い機会ではないでしょうか。
まだまだ感染拡大の恐れがありますので、注意してお過ごしください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket