Pocket

高額療養費制度で支払う医療費は安くなるんです

国民健康保険・健康保険の被保険者は通常であれば、
病院でかかった医療費の3割相当を負担すれば良いことになっています。

ですが難病にかかったり、長期療養、入院したときは自己負担額が高額になる場合があります。
このような時の負担を軽くするために自己負担額が1か月に一定額を超えた場合は、
その超えた分を請求すれば後で健康保険から支給される制度の事を高額療養費制度といいます。

高額療養費の対象となるのは、健康保険を使用しご自身が支払った額であり、入院時の食事代や差額別途代は含まれません。
しかし、超過分を請求すれば後から払い戻されるとはいえ、一時的に大きな負担となります。
そこで「健康保険限度額適用認定証」と呼ばれるものを発行し、医療機関の窓口に提出すれば1か月の窓口でのお支払額が自己負担限度額までとなります。
なお「健康保険限度額適用認定証」は、健康保険組合にあらかじめ申請すれば発行してもらえます。

計算方法

例えば、50歳の標準報酬月額が40万円の方が、1か月間入院して医療費自己負担分総額が300,000円だった場合。
80,100円+(300,000円-267,000円)×1%=80,430円となり、実際にご自身が支払う額は80,430円となります。

この制度を利用すれば、月の医療費の最大額は10万円程度あれば足りることが、お分かりいただけたのではないでしょうか?
民間の医療保険に加入し毎月一定額を払い続けるよりも、もしもの時の備えを蓄えておき、万が一の時はこの制度で支払いを減らす。
そして毎月の民間医療保険料を減らし、他に運用していくのが上手なやりくりだと考えます。
なお厚生労働省の「平成26年 患者調査」によると、平均在院日数は31.9日となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket